雨漏りによって家財が濡れても補償される可能性があります。

家財が雨漏り被害を受けていれば保険は適用?

お金と家

雨漏りによる被害を受けている場合、保険を適用させることができます。急な雨漏り調査や修理でも費用の負担を減らせると良いでしょう。

火災保険を利用しましょう

雨漏りが発生したら火災保険は利用できますか?
雨漏りは火災保険に適用されないと思われがちですが、修理できる可能性があります。火災保険は突発的な事故や災害による損害を補償するもので、自然消耗による劣化は対象外になります。しかし、屋根は風災や雪災などのダメージを受けやすく、気付かないうちに被災しているというケースが多いのです。雨漏りの原因によっては火災保険で修繕することができます。
家財が濡れた場合も利用できますか?
まずは何が「家財」として扱われるのか確認しましょう。建物に収容している家具や衣服などの日常生活に用いるものは「家財」に含まれます。ですが、業務に使用する商品や建物外に持ち出しているもの、自転車や植物といったものは「家財」に含まれません。家財保険で補償されるケースとしては、落雷による家電の故障や自宅から持ち出した家電を壊した場合だと補償対象になることもあります。必ず適用されるとは限りませんが、まずは申請してみましょう。

火災保険を利用できる業者に相談

通常の雨漏り修理なら業者と依頼者の2者間でのやり取りになりますが、火災保険で修理する場合は保険会社側を含めた3者間でのやり取りをしなければなりません。そのため、業者選びに悩んでしまう人は多いですが、火災保険で修理を行なう業者なら安心して任せることができます。 雨漏り修理を火災保険で行なう業者の場合、保険会社を熟知している、修理技術が高いことが前提となります。このような業者に任せることで、火災保険を利用して雨漏り調査や修理を行なえるようになるのです。

TOPボタン