応急処置や調査で雨漏りの被害を防ぐことができます。

家財が濡れないように応急処置

雨漏り被害

雨漏りを発見した場合、雨漏り調査を依頼するだけではなく、応急処置も行なう必要があります。

雨漏り調査までに行なう応急処置

屋根からの雨水が入らないようにする

屋根の応急処置として便利なのがブルーシートです。ホームセンターなどで手軽に購入できるのですぐに取り入れられるでしょう。雨漏りの侵入箇所は特定するのは難しいため、ブルーシートを広範囲に被せることをおすすめします。風に飛ばされないよう砂利を詰めた土嚢袋やおもりを置いて、しっかりと固定しましょう。ひもやロープでの固定は家を傷付けてしまう可能性があるので注意が必要です。

屋根裏や天井裏もシートで覆う

水濡れしている天井の穴をシートで覆い、雨水の侵入を防ぎます。業者が来るまでの応急処置として、早期的かつ、わかりやすい方法になります。シートでしっかりと穴を覆うことで、雨水の侵入による二次被害を抑えることができるでしょう。

雨が落ちる箇所にバケツを置く

雨漏りしている箇所の下に、新聞紙やレジャーシートを敷き、その上にバケツを置いて雨水で床が濡れるのを防ぎます。水が溜まると水しぶきが起こって周囲にはねてしまうので、使わないタオルや雑巾などをバケツの底に入れておきましょう。家財が濡れてしまうと火災に繋がる可能性もあるため、バケツやタオルなどを使って濡れるのをしっかりと防ぎましょう。

家財が濡れる以外にも被害が発生

雨漏りによって家財が濡れてしまうことがありますが、被害はそれだけではありません。雨漏りによる二次被害で最も恐ろしいのが漏電被害です。室内に流れ込んだ雨水がブレーカーやコードを濡らしてしまうと漏電を引き起こすことがあります。電化製品が故障するだけではなく、室内にいる人が感電してしまう危険性もあるのです。漏電被害を対策するためにも雨漏りはすぐに改善しましょう。

TOPボタン